「レンジでミニオムレツ」の作り置きレシピ|フライパンいらずで完成!冷凍もできる便利な一品

この記事では、作り置き冷凍にもおすすめな「レンジでミニオムレツ」のレシピをご紹介します。解凍後の気になる見た目や食感の変化もチェックしました!

冷蔵庫の中身の常連でもある卵。実は作り置きして冷凍保存ができることはご存知でしたか?一度にたくさん作ってストックしておけば、簡単に食事の準備ができるので、朝食やお弁当のおかずにぜひご活用ください。

この記事を書いた人
合同会社HITOOMOI

2019年1月に設立したフードコーディネーターと管理栄養士が在籍する料理研究家の会社。レシピの企画・開発から撮影、スタイリング、栄養計算、商品開発を中心に事業を行う。ミッションは「好きな人を想う手作り料理で幸せな食卓づくりを。」

もくじ

簡単でお弁当にも使える!卵の作り置きレシピ
「レンジでミニオムレツ」の作り方

HITOOMOI

フライパンいらずの簡単ミニオムレツ!朝食やお弁当のおかずにぴったりですよ。

食べる際は、ケチャップをかけて召し上がってください。

卵の作り置きおかず「レンジでミニオムレツ」
材料(4人分)

  • 卵         :4個
  • ピザ用チーズ    :40g
  • 牛乳        :大さじ4
  • 洋風顆粒だし    :小さじ2
STEP
ボウルに卵を割り入れ混ぜ、ピザ用チーズ、牛乳、洋風顆粒だしを加えて混ぜる。
STEP
耐熱ボウルにラップを敷き①の1/4量を流し込む。電子レンジ600Wで40秒加熱し、かき混ぜる。再度レンジ600Wで1分加熱する。これを3回繰り返す。
STEP
熱いうちにボウルからラップごと取り出し、両端をねじり形を整える。
HITOOMOI

加熱直後は少し熱いですが、熱いうちに形成すると綺麗に仕上がりますよ。

卵の作り置きおかず「レンジでミニオムレツ」
おすすめの保存方法

冷蔵保存なら

「レンジでミニオムレツ」を冷蔵庫で保存するなら2〜3日を目安に食べきりましょう。食べるときには電子レンジ(600W)で30秒を目安に加熱するのがおすすめです。

冷凍保存なら

一つ一つラップに包み、空気に触れないようにジップ付き保存袋や密閉容器に入れ、空気をしっかり抜いて保存するようにしましょう。

HITOOMOI

日が経つにつれて、​​卵の部分に“す”が入りやすくなり食感が悪くなってしまうので、保存期間をしっかり守りましょう

冷凍保存可能な期限は約2週間です。食べる際は自然解凍後に電子レンジ(600W)で30秒程加熱すると美味しく食べることができます。

卵を作り置き冷凍したら見た目や味はどうなる?
「レンジでミニオムレツ」を実食!

HITOOMOI

パサつきが心配でしたが、ふわふわでしっとりした食感が保たれていました。

作り置きした「レンジでミニオムレツ」を実食①
冷凍庫から取り出したばかりの様子

卵の色は変色していませんでした。また、オムレツの形もしっかり保たれていました。

作り置きした「レンジでミニオムレツ」を実食②
電子レンジで温め直したときの様子

卵がボソボソすることなく、ふんわりとした仕上がりになりました。

作り置きした「レンジでミニオムレツ」を実食③
お皿に盛りつけた様子

見た目は冷凍前と大きな変化はなく、形や色がとても綺麗でした。また、卵の目立った“す”も見受けられませんでした。

卵の簡単レシピで作り置きや冷凍保存を活用しよう

一度にたくさん作って保存しておけば、簡単に準備ができ、お弁当や朝食のおかずとして活用できます。今回紹介したレシピを参考に、ぜひ便利な使い方を試してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる