にんじんの「キャロットラペ」作り置きレシピ|冷凍もできるから便利!甘酸っぱい味わいが楽しめる一品

この記事では、作り置きにおすすめな、にんじんの「キャロットラペ」レシピと保存方法、そして実際に食べてみて見た目や食感に変化があったのかまで検証しました。

どんな時期でも手に入るにんじん。実は作り置きして冷凍保存ができること知っていますか?食卓でもう一品欲しい時や、お弁当のおかずとして使いたい時にストックしておけば便利に活用できるのでおすすめです。ぜひご活用ください。

この記事を書いた人
合同会社HITOOMOI

2019年1月に設立したフードコーディネーターと管理栄養士が在籍する料理研究家の会社。レシピの企画・開発から撮影、スタイリング、栄養計算、商品開発を中心に事業を行う。ミッションは「好きな人を想う手作り料理で幸せな食卓づくりを。」

もくじ

彩り良いにんじんの作り置きレシピ
「キャロットラペ」の作り方

HITOOMOI

味をしっかり染み込ませることで美味しく仕上がるので作り置きに最適!にんじんの彩りもよく食卓がパッと明るくなる一品です♪

にんじんの作り置きおかず「キャロットラペ」
材料(4人分)

  • にんじん       :2本
  • レーズン     :60g

▼A

  • 酢        :大さじ2
  • オリーブオイル  :大さじ2
  • 粒マスタード   :大さじ1
  • はちみつ     :小さじ2
  • 塩胡椒      :適量
HITOOMOI

りんごやくるみなどをプラスすると、食べ応えのある食感になり飽きにくくなるのでおすすめです。

STEP
人参は皮をむき、3等分に切り、千切りにする。
STEP
耐熱ボウルにAを入れよく混ぜ合わせ、①とレーズンを加え、全体に味がなじむように和える。ふんわりとラップをし、600Wのレンジで6分加熱する。

にんじんの作り置きおかず「キャロットラペ」
おすすめの保存方法

HITOOMOI

お弁当用のおかずにするなら、8等分にするなど小分けにして保存すると便利で使い勝手が良くなります!

冷蔵保存なら

「キャロットラペ」を冷蔵庫で保存するなら、2〜3日を目安に食べきりましょう。

冷凍保存なら

冷凍保存可能な期限は2〜3週間です。この期限内であれば、解凍後も美味しくいただけますよ。お急ぎの方は、食べる際に電子レンジ(600W)で1分30秒を目安に加熱することがおすすめです。冷たい状態で召し上がりたい方は、前日から冷蔵庫に移動させ、食べる直前にボウルに水を張り、流水に当ててじんわり解凍させましょう。

作り置き冷凍したら見た目や味はどうなる?
にんじんの「キャロットラペ」を実食!

HITOOMOI

お酢の酸味とレーズンの甘味のバランスがよく、にんじんと調和のとれた爽やかな味わいに仕上っていました。

作り置きしたにんじんの「キャロットラペ」を実食①
冷凍庫から取り出したばかりの様子

にんじんの色は変色せず、鮮やかな色が保たれていました!

作り置きしたにんじんの「キャロットラペ」を実食②
電子レンジで温め直したときの様子

にんじんにも味がしっかり馴染んでいる様子でした。マスタードのまろやかな香りが食欲をそそりますね。

作り置きしたにんじんの「キャロットラペ」を実食③
お皿に盛りつけた様子

冷凍保存していたとは思えないほど味がしっかり染み込んでいました。にんじんの食感も失われず、マイルドな辛味、酸味、甘味、塩味のバランスが整った一品です。

にんじんの大量消費レシピで作り置きや冷凍保存を活用しよう!

にんじんを使い切りたい!そんな時、調理して作り置きや冷凍保存しておくことで、簡単に食卓やお弁当の準備ができます。ストックしておくと、献立に困った時にも役立ちますよ。今回紹介したレシピを参考に、ぜひ便利な使い方を試してみてくださいね。

にんじんを冷凍保存でもっと活用しよう!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる