「ほうれん草としめじのソテー」作り置きレシピ|栄養満点の一品!お弁当のおかずにも

栄養たっぷりの緑黄色野菜の「ほうれん草」。葉物野菜ですが、料理した後作り置き保存ができるんです!

この記事では「ほうれん草としめじのソテー」を作り置きしてみました。冷凍保存して解凍して食べるまでもレポートしましたよ。お弁当のおかずとして、忙しい日の即席おかずとして、大活躍間違いなしです。

この記事を書いた人
合同会社HITOOMOI

2019年1月に設立したフードコーディネーターと管理栄養士が在籍する料理研究家の会社。レシピの企画・開発から撮影、スタイリング、栄養計算、商品開発を中心に事業を行う。ミッションは「好きな人を想う手作り料理で幸せな食卓づくりを。」

もくじ

栄養満点の作り置きレシピ
「ほうれん草としめじのソテー」の作り方

HITOOMOI

冷凍保存することでしめじの栄養価や風味が増すので作り置きにぴったりのレシピですよ!

ほうれん草としめじには食物繊維やカリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。2つの食材の組み合わせることで、栄養満点のメニューになっています。塩こしょうと醤油というシンプルな味付けなので、食卓での副菜やお弁当のおかずとしても、様々なシーンで活用できます。

作り置きおかず「ほうれん草としめじのソテー」
材料(4人分)

  • ほうれん草    :1袋
  • しめじ      :1袋(100g)
  • バター      :15g
  • 醤油       :大さじ1
  • 塩こしょう    :少々
STEP
ほうれん草は4cm幅にざく切りする。茎と葉を分ける。しめじは石づきを落として手でほぐす。
STEP
フライパンにバターを入れて熱し、しめじを入れ、中火でしんなりするまで炒める。
STEP
ほうれん草を茎、葉の順に加え、さっと炒める。醤油、塩こしょうで味を整える。

作り置きおかず「ほうれん草としめじのソテー」
おすすめの保存方法

冷蔵保存なら

「ほうれん草としめじのソテー」を冷蔵庫で保存するなら約2〜3日を目安に。食べるときには電子レンジ(600W)で30秒〜1分程加熱するのがおすすめです。

冷凍保存なら

HITOOMOI

ラップに包んで小分けにして保存しておくと、お弁当の準備をする際にとても便利なのでおすすめです。

冷凍保存可能な期限は約2〜3週間です。食べる際は電子レンジ(600W)で1分30秒程加熱することで中心まで十分に温まります。

作り置き冷凍したら見た目や味はどうなる?
「ほうれん草としめじのソテー」を実食!

HITOOMOI

ほうれん草のシャキッとした食感が残っていて、作りたての様な味わいでした。

作り置きした「ほうれん草としめじのソテー」を実食①
冷凍庫から取り出したばかりの様子

酸化や変色している様子は見受けられませんでした。

作り置きした「ほうれん草としめじのソテー」を実食②
電子レンジで温め直したときの様子

HITOOMOI

電子レンジで加熱している間にバターの香りが漂い、食欲がそそられました。

冷凍前と比べても、見た目に大きな変化はありませんでした!また、温め直すことで味がしっかり染み込んでいる様子でした。

作り置きした「ほうれん草としめじのソテー」を実食③
お皿に盛りつけた様子

ほうれん草やしめじが変色したり傷んでいるなどの様子はなく、冷凍していたとは思えない仕上がりでした。単品で食べるだけでなく、オムレツの具材などアレンジしても活用できそうですね。

作り置きを活用しよう
「ほうれん草としめじのソテー」で栄養価アップ

栄養満点のほうれん草にしめじはベストマッチ。特にしめじは、作り置きして冷凍保存することで、栄養・風味・旨みが増します。

お弁当や食卓のおかずなどで活用できるので、ストックしておくと便利ですよ。時間がない日の味方になるので、ぜひ様々な使い方で楽しんでみてくださいね。

あわせて読みたい「ほうれん草」記事

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる