「ちくわとじゃがいもの和風炒め」の作り置きレシピ|冷凍しても食感に問題なし!香ばしいごま油の風味が食欲をそそる一品

この記事では、作り置きにおすすめな「ちくわとじゃがいもの和風炒め」レシピと保存方法、そして、実際に食べてみて見た目や食感に変化があったのかまで検証しました。

おつまみやおかずの具材など幅広く活用できて、子供から大人まで人気なちくわ。そんな大活躍なちくわは冷凍保存しても食感が変わることなく美味しく食べられるんです!ぜひ、作り置きや冷凍保存を便利に活用してみてください。

この記事を書いた人
合同会社HITOOMOI

2019年1月に設立したフードコーディネーターと管理栄養士が在籍する料理研究家の会社。レシピの企画・開発から撮影、スタイリング、栄養計算、商品開発を中心に事業を行う。ミッションは「好きな人を想う手作り料理で幸せな食卓づくりを。」

もくじ

パパッと作れる簡単作り置きレシピ
「ちくわとじゃがいもの和風炒め」の作り方

HITOOMOI

香ばしいごま油の風味が食欲をそそる一品になっています。食べる直前に上からかつお節をかけると、かつお節特有の旨味がプラスされます。

作り置きおかず「ちくわとじゃがいもの和風炒め」
材料(4人分)

  • ちくわ   :8本
  • じゃがいも :4個
  • 塩胡椒   :適量
  • 小麦粉   :大さじ4
  • ごま油   :大さじ2
  • しょうゆ  :小さじ2
  • かつお節  :適宜
STEP
ちくわは1cm幅の斜め切りにする。
STEP
じゃがいもは皮をむき、ひと口大の乱切りにする。耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップをし、600Wのレンジで5〜6分柔らかくなるまで加熱する。取り出して塩こしょうを振り、粗熱が取れるまで冷ます。
STEP
ボウルに、②、ちくわ、小麦粉を入れてまぶす。
HITOOMOI

食材に小麦粉をまぶすことにより、味が染み込みやすくなったり、タレが絡みやすくなります。

STEP
フライパンごま油を入れて中火で熱し、③を入れて、全体にこんがりと焼き色がつくまで揚げ焼きにする。

作り置きおかず「ちくわとじゃがいもの和風炒め」
おすすめの保存方法

冷蔵保存なら

冷蔵庫で保存するなら1日を目安に食べきりましょう。食べるときには電子レンジ(600W)で30秒〜1分程加熱するのがおすすめです。

冷凍保存なら

HITOOMOI

小分けにしてから保存すると良いですよ。おかずの解凍や冷凍を何度も繰り返さずに済みます。

冷凍保存可能な期限は約1ヶ月です。食べる際は電子レンジ(600W)で1分50秒程度加熱すること中心まで十分に温まります。

作り置き冷凍したら見た目や味はどうなる?
「ちくわとじゃがいもの和風炒め」を実食!

HITOOMOI

冷凍しても、ちくわの食感が失われることはありませんでした。また、ごま油としょうゆの香ばしい香りが食欲そそります。

作り置きした「ちくわとじゃがいもの和風炒め」を実食①
冷凍庫から取り出したばかりの様子

冷凍前と比べても、ちくわやじゃがいもの形状は潰れずに保たれています。また、調味液がしっかり染み込んでいました。

作り置きした「ちくわとじゃがいもの和風炒め」を実食②
電子レンジで温め直したときの様子

調味液とよく絡んでいる様子が分かります。電子レンジで温めた直後はとても熱いので、注意して取り出してくださいね。

作り置きした「ちくわとじゃがいもの和風炒め」を実食③
お皿に盛りつけた様子

冷凍前と比べ、ちくわの形状が変わっているところもありましたが、味や食感には全く問題ありませんでした。ごま油の香りがほんのりしていて食欲がそそられます。

ちくわはの簡単レシピで作り置きを活用しよう

そのままでも美味しいちくわですが、調理して冷凍保存しておくことで忙しい朝やお弁当作りなど様々な場面で助けてくれるおかずに変身します。また、冷凍しても作りたてそのままの味や食感なので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょう。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる