フードプロ集団のhitoomoiが公式アンバサダーに就任 ▶

【管理栄養士が力説】疲れ目・眼精疲労は食べ物で解消!スマホ・パソコンユーザー必見の意外な食材とは

毎日の生活や仕事の中でスマートフォン、パソコンは必須アイテムですよね。長時間画面を見続けると目が疲れ、酷くなると頭痛や肩こりまで感じる方も多いのではないでしょうか?今回はそんな疲れ目でお悩みの方に向けて、食事でケアできる効果的な食べ物をご紹介します。

目次

ブルーベリーだけじゃない!ナスや黒豆も目の疲れに効果的な食べ物だった

疲れ目にはブルーベリー、と聞くことも多いですよね。その理由は、色素成分のアントシアニンを含んでいることに関係します。

アントシアニンはポリフェノールの一種で、疲れ目を軽減する働きや、緑内障の進行抑制視力回復にも効果が期待できるという報告があります。

同様の理由で、実はナスや黒豆もおすすめの食べ物なんです。どちらも表皮にアントシアニンを持つ食材なので、目が疲れた時には積極的に摂りたいですね。

特にナスはスーパーの野菜売り場にも並んでいるので手にしやすい食材だと思います。皮の部分にアントシアニンを含んでいるので、皮ごと食べる浅漬けや煮浸しなどがおすすめですよ。黒豆は定番の煮物で副菜として楽しめます。

ナス特集の記事もお見逃しなく

にんじんやほうれん草などの『緑黄色野菜』も目の疲れにオススメ

にんじんやほうれん草は野菜の中でも緑黄色野菜に分類されます。これらの食材は、目の疲れに効果が期待できるビタミンAを含んでいます。

ビタミンAは、目の粘膜を形成する機能をサポートする物質であり、目の乾燥を防ぐ働きがあります。そのため、ビタミンAが不足すると目が乾くなどの症状を感じます。

また、本来暗い場所でも目が順応して周りや物が見えますが、ビタミンAが欠乏すると周りが見えづらくなる夜盲症になるケースがあります。

ビタミンAは目の機能に深く関わっているので、ぜひ積極的に摂りたいですね。

先に挙げたにんじんやほうれん草は、ナムルや和えものとして一緒に食べたり、それぞれ野菜炒めやスープなどにも使いやすい食材です。ぜひお好みの料理に取り入れてみてください。

目の健康をサポート!緑黄色野菜の特集記事

目の疲れには『魚介類』も効果的!アサリやイカ・タコも積極的に食べよう

魚介類には目の網膜の機能を助けてくれるタウリンという成分が含まれています。

そんなタウリンを多く含む食材が、貝類だとアサリやサザエ、ハマグリです。また、頭足類のイカやタコも該当します。

タウリンは水溶性なので、スープや鍋など汁も一緒に楽しむ料理で使うと栄養を逃さず食べることができます。そのため、貝類は味噌汁などに入れて食べると良いです。

イカやタコは炊き込みご飯にするとうまみが凝縮されておすすめですよ。

目の健康に欠かせない!魚貝類の特集記事

食べ物で目の疲れを効果的にケアしよう

家にいる時間が増えて、デジタル機器の画面をついつい長く見てしまうことも多くなりましたよね。

たくさんの情報を受け取る大切な目だからこそ、しっかりとケアしたいものです。目の疲れに効果的な食べ物を意識して、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。

この記事の参考文献
+1
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる