「なすのはさみ焼き」作り置きレシピ|冷凍で味もしみしみ&見た目も変化なし!家事を助ける優秀おかず

夏が旬のなす。スーパーでもお手頃価格でみかける季節になってきましたね。実はなすも作り置きして冷凍保存しておくことができるんです。ストックしておけば、食卓のおかずやお弁当にとっても便利!いつでも簡単に食べられるようになりますよ。

この記事では、作り置きにおすすめな「なすのはさみ焼き」レシピと保存方法、そして、実際に食べてみて見た目や、食感に変化があったのかまでを徹底検証しました。

この記事を書いた人
合同会社HITOOMOI

2019年1月に設立したフードコーディネーターと管理栄養士が在籍する料理研究家の会社。レシピの企画・開発から撮影、スタイリング、栄養計算、商品開発を中心に事業を行う。ミッションは「好きな人を想う手作り料理で幸せな食卓づくりを。」

もくじ

一口サイズでお弁当にぴったりの作り置きおかず
「なすのはさみ焼き」の作り方

HITOOMOI

夏が旬のなすを大量消費!子どもが好きな照り焼き味で、お弁当や時間のない日のおかずとして活用できますよ。

作り置きおかず「なすのはさみ焼き」
材料(4人分)

  • なす       :3本
  • 薄力粉(まぶす用):大さじ2
  • 豚ひき肉             :70g
  • 玉ねぎ      :1/8個
  • 片栗粉      :大さじ1/2
  • ▼砂糖      :大さじ1/2
  • ▼醤油      :大さじ1
  • ▼みりん     :大さじ1
  • ▼酒       :大さじ1
  • サラダ油     :適量
STEP
なすは1cm幅の輪切りにする。玉ねぎはみじん切りにする。
STEP
ボウルに玉ねぎ、ひき肉、片栗粉を入れて混ぜ合わせる。
STEP
まな板の上に①を並べて薄力粉をまぶし、②をのせて挟む。
STEP
フライパンに油を入れて熱し、③を入れて中火で約5分焼く。焼き色がついたら裏返し、蓋をして中火のまま5分程焼く。
STEP
▼を加えてなす全体に絡める。

作り置きおかず「なすのはさみ焼き」
おすすめの保存方法

HITOOMOI

味がしっかり染み込むように、調味液とよく絡めてから保存容器や保存袋に入れるといいですよ。

冷蔵保存なら

「なすのはさみ焼き」を冷蔵庫で作り置き保存するなら、2〜3日を目安に食べきりましょう。食べるときには電子レンジ(600W)で約1分30秒加熱するのがおすすめです。

冷凍保存なら

冷凍保存可能な期限は2〜3週間です。冷凍した「なすのはさみ焼き」を食べる際は、電子レンジ(600W)で3分30秒加熱しましょう。

作り置きを冷凍保存したら見た目や味はどうなる?
「なすのはさみ焼き」を実食!

HITOOMOI

できたてとほぼ変わらない美味しさで、味がしっかり染み込んでいてしっとりした食感でした!

作り置きした「なすのはさみ焼き」を実食①
冷凍庫から取り出したばかりの様子

タレがしっかり染み込んでいる様子でした。

作り置きした「なすのはさみ焼き」を実食②
電子レンジで温め直したときの様子

タレとよく絡んでいて、さらにしっとりした仕上がりになっていました。

作り置きした「なすのはさみ焼き」を実食③
お皿に盛りつけた様子

見た目は保存前からほぼ変化はなく、なすの鮮やかな色も保っている状態タレがしっかり染み込んでいて、しっとりした食感を楽しむことができ、美味しく食べられましたよ。

旬のなすを大量消費!作り置きや冷凍保存を活用しよう

夏が旬のなすを大量買いしても、作り置きや冷凍保存をすれば簡単に、そして時間を短縮してお弁当や食卓の準備ができちゃいます。

今回紹介したレシピを参考に、ぜひ便利な使い方を試してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる