冷凍OK「おかか塩昆布おにぎり」の作り置きレシピ|解凍してもべっちゃりせずに食べられる優秀な一品!

おにぎりといえば、簡単に作れて手軽に食べることができる優秀な一品。そんなおにぎり、実は作り置きして冷凍保存ができるんです。ストックしておけば、いつでも簡単に食べることができるので、朝食やお弁当にぜひご活用ください。

この記事では、作り置きにおすすめな「おかか塩昆布おにぎり」レシピと保存方法、そして、実際に食べてみて見た目や食感に変化があったのかまで検証しました

この記事を書いた人
合同会社HITOOMOI

2019年1月に設立したフードコーディネーターと管理栄養士が在籍する料理研究家の会社。レシピの企画・開発から撮影、スタイリング、栄養計算、商品開発を中心に事業を行う。ミッションは「好きな人を想う手作り料理で幸せな食卓づくりを。」

もくじ

パパッと作れる!かんたん作り置きレシピ
「おかか塩昆布おにぎり」の作り方

HITOOMOI

ミネラルたっぷりの塩昆布は夏バテ対策にも効果的!水分量が少ない食材のため、冷凍保存にも向いています。

作り置きレシピ「おかか塩昆布おにぎり」
材料(4個分)

  • ごはん  :1.5合
  • 塩昆布  :20g
  • おかか  :2g
STEP
ボウルにごはんを入れ、塩昆布とおかかを加えて混ぜる。
STEP
4等分にし、三角形に握りラップで包む。

作り置きレシピ「おかか塩昆布おにぎり」
おすすめの保存方法

HITOOMOI

解凍ムラを防ぐために、おにぎりを少し平らにしてから保存袋に入れるといいですよ。

冷蔵保存なら

「おかか塩昆布おにぎり」を冷蔵庫で保存するなら1日を目安に食べきりましょう。

食べるときには電子レンジ(600W)で30秒〜1分程加熱するのがおすすめですが、菌の繁殖を防ぐために温めてから食べるまで時間を空けないようにしましょう。

冷凍保存なら

冷凍保存可能な期限は約1ヶ月です。「おかか塩昆布おにぎり」を食べる際は、電子レンジ(600W)で2分程度加熱すること中心まで十分に温まります。

作り置きを冷凍保存したら見た目や味はどうなる?
「おかか塩昆布おにぎり」を実食!

HITOOMOI

冷凍前と変わらない美味しさです!おかかが程よく水分を吸っていて、べちゃべちゃしていません

作り置きした「おかか塩昆布おにぎり」を実食①
冷凍庫から取り出したばかりの様子

保存中に崩れることなく、おにぎりの形状がしっかり保たれています。

作り置きした「おかか塩昆布おにぎり」を実食②
電子レンジで温め直したときの様子

しっとりと仕上がっています。電子レンジで温めた直後はとても熱いので、注意して取り出してくださいね。

作り置きした「おかか塩昆布おにぎり」を実食③
お皿に盛りつけた様子

見た目は冷凍保存前からほぼ変化はなく、おにぎりの形状をしっかり保っていました。

また、おかかが程よく水分を吸っていたので食感に問題はなく、塩味もちょうどよく美味しく食べることができました!

おにぎりは冷凍しても問題なし!作り置きを活用しよう

時間のない時でもささっと食べれちゃうおにぎり。時間に余裕があるときに作り置きをすれば、解凍するだけでお昼ご飯が用意できちゃうなんて、便利な使い方もできますよ。ぜひ試してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる