「豚こま肉の野菜ロール」の作り置きレシピ|冷凍もできるから便利!ご飯がすすむ一品をストックしよう

この記事では、作り置きにおすすめな「豚こま肉の野菜ロール」レシピと保存方法、そして実際に食べてみて見た目や食感に変化があったのかまで検証しました。

どんな料理にも使える優秀な食材・豚こま肉を、作り置きレシピで活用してみましょう!冷凍保存もできるので、解凍すればすぐに一品完成しますよ。食卓やお弁当の一品に、ぜひお試しください。

この記事を書いた人
合同会社HITOOMOI

2019年1月に設立したフードコーディネーターと管理栄養士が在籍する料理研究家の会社。レシピの企画・開発から撮影、スタイリング、栄養計算、商品開発を中心に事業を行う。ミッションは「好きな人を想う手作り料理で幸せな食卓づくりを。」

もくじ

お弁当にぴったりの作り置きレシピ
「豚こま肉の野菜ロール」の作り方

HITOOMOI

とにかくご飯とよく合う!育ち盛りのお子さんや、男性にもきっと満足してもらえる一品ですよ

ご紹介する「豚こま肉の野菜ロール」は、生姜焼きのような甘辛い味がしっかり染み込んでいるので、とにかくご飯との相性が良いんです。野菜もたっぷりで意外とあっさり食べられるから、女性にもおすすめ!

お弁当用には半分にカットして盛り付けるとキレイにしあがります。ぜひトライしてみてくださいね。

作り置きおかず「豚こま肉の野菜ロール」
材料(4人分)

  • 豚こま切れ肉     :400g
  • にんじん       :1本
  • さやいんげん     :20本
  • サラダ油       :大さじ1
  • 薄力粉(まぶす用)  :大さじ1

▼A

  • みりん        :大さじ2
  • 酒          :大さじ2
  • しょうゆ       :大さじ4
STEP
にんじんは皮をむき、半分に切り、千切りにする。
STEP
いんげんはヘタと筋を取り除き、塩を入れた熱湯でさっと茹で、ザルにあけて冷水にさらし水気を切る。キッチンペーパーで水気を拭き取る。
STEP
豚肉はまな板に3枚広げ、野菜の長さと同じ幅になるように重ね合わせる。①②の1/4量をのせて手前からしっかりと巻く。同じことを3回繰り返し、薄力粉をまぶす。
HITOOMOI

薄力粉をしっかりまぶすことで、お肉同士がしっかり密着します。冷凍した後でもタレとの馴染みが良くなるので一石二鳥なんです!

STEP
ボウルにAを入れて混ぜる。
STEP
フライパンにサラダ油を入れ、②の巻き終わりを下にして並べ、焼き色がつくまで中火で焼く。
STEP
④を加えてタレにとろみがつき、豚肉に火が通るまで弱火にかける。火から下ろし、食べやすい大きさに切る。

作り置きおかず「豚こま肉の野菜ロール」
おすすめの保存方法

HITOOMOI

タレとしっかり絡めてから保存することで、味が染み込みやすくなります。

冷蔵保存なら

「豚こま肉の野菜ロール」を冷蔵庫冷蔵庫で保存するなら、2〜3日を目安に食べきりましょう。食べる際は電子レンジ(600W)で1分を目安に加熱するのがおすすめです。

冷凍保存なら

お弁当用などでカットして使いたい場合は、冷凍する前に切り分けておくのがポイントです。

冷凍保存可能な期限は2〜3週間。この期限内であれば、解凍後も美味しくいただけますよ。「豚こま肉の野菜ロール」を食べるときには、は電子レンジ(600W)で1分30秒を目安に加熱しましょう。

作り置き冷凍したら見た目や味はどうなる?
「豚こま肉の野菜ロール」を実食!

HITOOMOI

タレが全体にしっかり絡んでいて美味しい!冷凍した感じがなく、できたてと同じような食べ応えでした。

作り置きした「豚こま肉の野菜ロール」を実食①
冷凍庫から取り出したばかりの様子

冷凍焼けすることなく、タレがしっかり染み込んでいる様子でした。

作り置きした「豚こま肉の野菜ロール」を実食②
電子レンジで温め直したときの様子

豚こま肉の野菜ロールをカットして3つにしたものに、ラップをふんわりとかけてから1分半電子レンジで温め直しました。

肉と野菜がバラバラにならず、しっかり形を保っていました。タレのいい匂いが食欲をそそりますよ。

一度に多くを解凍しようとすると時間がかかったり、タレが焦げ付くこともあるので、なるべく少量ずつ温め直すのがおすすめです。

HITOOMOI

もしも解凍しきれてないときには、10秒ずつなど時間を見ながら再加熱していきましょう

作り置きした「豚こま肉の野菜ロール」を実食③
お皿に盛りつけた様子

にんじんは冷凍するとスカスカしやすいのですが、あえて細切りにすることで解凍後も食感をキープしやすくなりますよ。

見た目は冷凍前と大きな変化はなく、温め直すことで味がしっかり染み込んでいました!野菜もたっぷりなので、罪悪感なくお肉を楽しめました。お弁当のおかずとしてもお子さんに喜ばれそうです。

豚こま肉のレシピで作り置きや冷凍保存を活用しよう

お弁当のおかずとしてよく使われる豚こま肉。作り置きや冷凍保存しておくことで、忙しいときでも簡単に一品が完成します。毎日忙しく頑張る方にとって、きっと味方になってくれるはずです。ぜひ便利な使い方を試してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる