みんな大好き「エリンギのバター醤油炒め」作り置き|冷凍で旨味アップ&食感そのままの嬉しいレシピ

この記事では、作り置きにおすすめな「エリンギのバター醤油炒め」レシピと保存方法、そして、実際に食べてみて見た目や食感に変化があったのかまで検証しました。

食べ応えのある食感が特徴のエリンギ。実は冷凍することで旨味成分が増加するんです!日々の食事をお助けしてくれる便利な作り置きや冷凍保存を活用することで、手軽に食卓やお弁当の準備ができるのでおすすめです。

この記事を書いた人
合同会社HITOOMOI

2019年1月に設立したフードコーディネーターと管理栄養士が在籍する料理研究家の会社。レシピの企画・開発から撮影、スタイリング、栄養計算、商品開発を中心に事業を行う。ミッションは「好きな人を想う手作り料理で幸せな食卓づくりを。」

もくじ

簡単でお弁当にも使える作り置きレシピ
「エリンギのバター醤油炒め」の作り方

HITOOMOI

冷凍することでエリンギの旨味が増すので作り置きにぴったりのレシピです。タレとバターの香ばしい香りが食欲をそそりますよ。

食べる前に小ねぎを散らすとねぎの辛みがアクセントになり、より美味しく食べることができます。また、緑色が加わることで彩りもよくなるのでおすすめです。

作り置きおかず「エリンギのバター醤油炒め」
材料(2人分)

  • エリンギ    :1パック
  • バター     :20g
  • 塩こしょう   :適量
  • 小ねぎ(輪切り):適宜

A

  • 酒      :大さじ1
  • 醤油     :大さじ1
STEP
エリンギは長いものは長さを半分に切り、縦4つに切る。
STEP
フライパンにバターを入れて溶かし、①を入れ、塩こしょうをふり、火が通るまで炒める。
STEP
②のフライパンにAを入れて弱火で汁気が飛ぶまで炒める。

作り置きおかず「エリンギのバター醤油炒め」
おすすめの保存方法

冷蔵保存なら

「エリンギのバター醤油炒め」を冷蔵庫で保存するなら、2〜3日を目安に食べきりましょう。食べる際は電子レンジ(600W)で30秒を目安に加熱することがおすすめです。

冷凍保存なら

HITOOMOI

保存袋に入れる際は、酸化や冷凍庫内の匂いが付くことを防ぐためにしっかり空気を抜いて密閉するようにしましょう。

冷凍保存可能な期限は2〜3週間です。食べる際は電子レンジ(600W)で1分を目安に加熱することがおすすめです。

作り置き冷凍したら見た目や味はどうなる?
「エリンギのバター醤油炒め」を実食!

HITOOMOI

エリンギの食感が失われず、出来立てと変わらない食べ応えのある一品でした。

作り置きした「エリンギのバター醤油炒め」を実食①
冷凍庫から取り出したばかりの様子

エリンギから余分な水分が出ることはありませんでした。また、タレがしっかり染み込んでいる様子でした。

作り置きした「エリンギのバター醤油炒め」を実食②
電子レンジで温め直したときの様子

エリンギの形状や臭みに問題はありませんでした。温めている最中にバター醤油のいい香りが漂い、食欲をそそられました。

作り置きした「エリンギのバター醤油炒め」を実食③
お皿に盛りつけた様子

冷凍前と大きな変化はなく、温め直すことで味がしっかり染み込みます。冷凍しても歯応えのある仕上がりになりました。

旨味アップのエリンギレシピで作り置きや冷凍保存を活用しよう

今回紹介したレシピは、エリンギの旨味や特徴を生かした一品になっています。時間があるときに作り置きや冷凍保存をしておくことで便利に活用できるので、ぜひお弁当や食卓のおかずに準備してみてください。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる